FC2ブログ

記事一覧

長野県

のりくんです。これから長野県の佐久へ行ってきます。台湾時代をともにした会社のOBが定年後に佐久で、田舎くらしをしています。娘が長野に行きたいと以前から言っていたので、お願いして泊まらせてもらうことになりました。ここで一服。黄色の牡丹も咲きました。ということで。ジャ~まったね~...

続きを読む

地震について

のりくんです。忘れてしまったかも知れませんが地震の話の続きです。公園に集まった数人で会社へ向かいました。家族も残すわけには行かないので、一緒です。出向者の日本人は一人軽傷者がいるものの全員無事が確認されました。現地従業員の方も全員無事でした。我々日本人は情報の入手方法が限られるので、周囲の様子がわからず、大変怖かったです。その日は、住んでいるマンションに帰る気がせず、バスをチャーターしてその中で寝...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-16

のりくんです。植物シリーズpart3です。(間違えてpart4を先に立ち上げてしまった)立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花と言いますが、敷地内のピンク牡丹は見ごろを過ぎました。今は、黄色の牡丹と紫の牡丹が今にも開きそうな状況を迎えつつあります。芍薬も牡丹同様に、蕾が開きそうな状態です山百合が地面から吹き出して来ました。花の匂いが濃厚でクラクラしますが、咲くのが楽しみです。紫陽花も花の形がわかるようになりま...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-15

のりくんです。植物シリーズpart4です。新緑が本格的になってきました。長屋門から入っていくと、おお・・・な~んか綺麗そう。土蔵後ろのケヤキが綺麗だ~。前も綺麗だ~。ケヤキの王様だ~ケヤキ、杉の三角地帯ジャーまったね~良かったら拍手をポチッとな。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-14

のりくんです。先日、つくば美術館で「茨城の建築家の家づくり展」というのを見て来ました。「カーサココチ」というのをコンセプトにしています。カーサはスペイン語で家の事、ココチは日本語の心地良いからとっているそうです。う~んなぜスペイン語と日本語の融合なんだろう?聞けばよかったと後悔しています。ここで一服ちょっと見にくいですが、アゲハ蝶がいます。最近チョウチョもちょくちょく見かけます。建築家だから出来る...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-13

のりくんです。花や緑が美しい時期ですので、植物シリーズPrat2です。クマバチがミツバツツジの蜜を集めています。なんとかモミジです。緑が綺麗です。花はまだ咲いていませんが、ヒメシャラです。これも花は咲いてませんが、屋久島シャクナゲです。最近ちょっと弱り気味です。蕾が出来ています。ハウチワカエデは花が満開です。スズメバチを発見したので、ハチ激取れを設置しました。女王蜂狙いです。ジャーまったね~良かったら...

続きを読む

メンマ&ラーメン

のりくんです。今回はメンマとラーメンの話です。筍を毎日のように取ってしまい下ゆでしてしまったので、消費が追いつきませんでしたので、メンマにして保存しました。メンマラーメンにしようと思い、いつもの麺を松屋製麺所に買いに行きました。するとお~お~七彩の限定ラーメンがあるじゃないですか。つい勢いで購入してしまいました。七彩のラーメンにメンマを入れてネギ入れて、昨日の残りの入り豆腐を入れていただきま~す。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-12

のりくんです。米蔵をどのように改装するかの参考として、古民家を再生している現場を見学させて頂きました。築230年だそうです。ここで一服.ミツバツツジが見ごろを迎えました。蜂たちも大喜びです。骨組みだけを残して全体を持ち上げ、基礎の再生、壁の再生をしています。壁の再生はほぼ出来て上がっています。その後は漆喰をほどこす事になります。ここで一服230年前の柱を磨いて塗装しています。木目が綺麗ですね~。写...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-12

のりくんです。じゃじゃぁ~ん敷地内の庭特集です。さすがにそろそろ飽きてきたよね。そう言わず付き合って下さいね。我が家の坪庭。手入れが悪いね~我が家玄関先の景色母屋の中庭。何だかかっこよいね。母屋からの眺め石灯篭トンネル先の景色筍をついとってしまうので、女房にメンマを作ってもらいました。今日はメンマラーメンにしよっ~と。ジャーまったね~良かったら拍手をポチッとな...

続きを読む

たけのこ

のりくんです。最近たけのこずくしとなっています。例年この時期になると、たけのこがニョキニョキと生えてきます。いつもは、足で蹴倒して処分しているのですが、今年は数本抜いて下ゆで処理をしました。さすがに毎日食べると飽きてしまい、Ziplocのなかで、数本寝ています。すこしづつ、お腹の中へ入れていきます。たけのこと豆腐ウインナー/ほうれん草炒め。ジャーまったね~良かったら拍手をポチッとな。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-11

のりくんです。じゃじゃぁ~ん敷地内オブジェ?特集part1です。懲りないね~。何とか特集にそろそろ飽きてきたなんていわないでね。テトラポット?森の中の動物たち井戸ポンプ鍬たち水鉢春日、春日・・・鬼瓦森の中のお地蔵さんこれらのオブジェ?も一役買うかな?ミツバツツジが5分咲きです。色々な花が次から次へと咲き始めています。ジャーまったね~良かったら拍手をポチッとな。...

続きを読む

地震について

のりくんです。地震の話の続きです。もう駄目かと思った瞬間、隣の部屋で娘と寝ていた妻が「ぎゃ~」とわめきましたが、身動きが出来ませんでした。30秒程度の揺れだったのでしょうが、体感的には無限の揺れでした。揺れが一段落して、トイレに行きたかった事を思い出し、とりあえず放尿。その後、妻と娘の無事を確認し、退路を確保しようと玄関扉をあけにいきました。娘は当時まだ1歳だったので、すやすやと寝たままでした。激...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-10

のりくんです。昨日、Y建築計画事務所の所長さんに、古民家再生計画の相談をしました。Y所長さんは古民家再生の経験が豊富で、今までに約20棟再生しています。偶然ですが、息子の大学の授業でY所長が手掛けた古民家が取り上げられたようです。ここで一服。母屋の写真です。今回母屋はいじりませんが、築150年以上だと思います。東日本震災前は瓦葺きだったのですが、一部崩壊した為に、今はガルバニウムを使っています。言...

続きを読む

地震について

のりくんです。あまり触れたくなかったのですが、熊本地震が凄い事になっています。亡くなられた方々には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、被害にあわれた方々は無理せず無事であることを心より願っています。東日本の人たちは、私たち含めて被災しており、その時の事を思い出してしまいます。私たち家族はそれ以前に、台湾地震を経験しています。そちらの方が印象が強く残っています。異国の地での被災、自分がそんな目...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-9

のりくんです。ブログを初めて、記念すべき10回目です。(Part1-9となっていますが、初回はpart0ですので)という事で、また本題に戻ります。つくばから発信する古民家再生計画(案)というのを3月に考えました。詳細はまだ構想中ですが、STEP3まで考えています。STEP1は2017年に実行したいと考えています。その中の一つが蔵カフェです。ここで一服。ボタンが本格的に咲き始めました。例年より半月早いよう...

続きを読む

はじめまして

はみちゃんです。のりくんの妻です。つくば市出身で、茨城弁を理解できます。英語と中国語を少しだけ話します。敷地内の山林で採れたタケノコをのりくんが下茹でしてくれたので、夕飯のおかずを作りました。筍とベーコンのマスタード炒め叔父からいただいた北条米と一緒に食べたら、も~うたまりません。自然の恵み、最高~!まだ自力でブログ作成ができませんが、たまに投稿するので読んでくださいね。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-8

のりくんです。番外編。「ポンチ」物語Part2娘(猫皮膚アレルギー)が外に出てきて、病院へという事になりました。入院と言われ、私たちは一旦家へ帰りましたが、数時間後に連絡が入り帰らぬ猫となり、敷地内に埋葬しました。残された猫が「ポンチ」です。早く病院へ行かなかった自分が許せず、罪滅ぼしの意味で「ポンチ」を飼うことにしました。【生後3か月程度のポンチ】名付け親は娘です。最近は隣の母屋で飼われており、たま...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-7

のりくんです。今日は番外編。「ポンチ」物語Part1。おっと、前にも言ったけど決して逆から読まないでね。「ポンチ」はご存じの通り血統書付の猫ではありません。敷地内の小屋にどこかの猫が産み落としていきました。6月で1歳になると思われます。【最近のポンチ】「ポンチ」の親は子育てせずに、居なくなってしまったようです。私は動物が好きではありません。なぜ飼う気になったのか。「ポンチ」以外にもう一匹居ました。早く...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-6

のりくんです。そろそろ少しだけ本題に触れようかと。このまま古民家(米倉)を放置していてもいづれは朽ちていくだけです。そこで、思いついたのが倉カフェです。単なる倉カフェでは面白くないので、差別化したいと考えています。ここで、いっぷく。土蔵裏のケヤキ。今が新緑で綺麗です。新緑+青空+月・・・ちょーいいね。最高。生き物編に登場していませんが今の時期、毎日キジが鳴いています。敷地内の雑木林にも来客します。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-5

のりくんです。突然ですが、家族を紹介します。妻1人、長男、長女の4人家族です。終わり。だんだん本題とズレて来ましたが、植物シリーズpart1です。敷地内にある植物を一部紹介します。後程わかると思いますが、本題とはズレていないんですね。いずれ、ああなるほどと思ってくれるかなと・・・まずは、春オコシです。春ですね~次にフリージアです。花言葉は5語あります。赤紫なので「純潔」&「憧れ」かな。う~ぁ憧れちゃう...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-4

のりくんです。今日から何回かに分けて、シリーズでお伝えします。最初は敷地内を訪れる生き物シリーズpart1です。part2が出るかは???。まずはシジュウカラこれは定番です。続いて、たぶんウグイスです。声はすれど姿が見えないのがウグイスです。という事は違う??ネコです???「ポンチ」という名前の飼い猫です。逆から読むのは禁止です。ポンチについては、また後日・・・ジョウビタキこれも敷地内で良く見ます。たまに...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-3

のりくんです。古民家を再生(活用)しようと考えていたのは妻です。私は古民家はやっかいなものだと思っていたので、乗り気ではありませんでした。ところが、つくばでワインを作ろうと言うTさんと巡り合えてから気持ちが変わりました。私はネガティブ思考ですがTさんはポジティブ思考で、グイグイと引っ張られました。私が古民家を有効活用したいと思ったきっかけがこれです。現状考えているのは、古民家前にある米倉を活用した...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-2

のりくんです。古民家の長屋門をくぐると、このような風景が広がっています。長屋門の屋根を額縁に見立てて、二つの土蔵。その前面にもちの木があります。土蔵の後ろにはケヤキが新緑を迎えています。四季によって顔つきが変わります。つくばは研究機関が多数あるのですが、それとは真逆な田舎が背中合わせに存在します。非常に楽しい街です。園芸品種ですが十二単が咲き始めました。まだ日本の在来種は咲いていません。咲いたら写...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画Part1-1

のりくんです。今日は敷地内に咲いている、桃の花の写真をアップします。初代桃の木は枯れてしまいましたが、2代目がりっぱな花を付けました。もしかしたら、この箇所は駐車場にするかも知れないので、移植する可能性もあります。花桃は3色咲きで妖艶です。20年以上もってほしいです。古民家の入口となる長屋門の写真です。この奥にどのような景色があるのか!本日はこれにて。バイバイバ~い。...

続きを読む

つくばから発信する古民家再生計画

のりくんです。あいかわらず、茨城県は都道府県魅力度ランキング最下位を爆走しています。最下位結構じゃないですか。住んでいる私たちは茨城に満足しており、誰も来てほしくないというのが本音です。車で10分ほど行けば自然は満載です。また、大型ショッピングセンターも数多くあり同じく車で10分程度です。こんなに暮らし安いところはありません。しかし、今回はあえて茨城県の魅力度アップを計画します。ちょっとだけさわり...

続きを読む